FF3 ボス攻略法 その5:難破船〜サロニア

スポンサーリンク


目次:クラーケン / ゴールドル / ガルーダ

クラーケン

おすすめジョブ
作戦その1:ナイト、狩人×2、学者or白魔道士
作戦その2:ナイト、学者、黒魔道士or赤魔道士、白魔道士

HP8000。
クラーケンの行動は打撃、ブライン、ブリザラで1ターンに2回行動。
ブラインが来たらすぐに目薬で回復しよう。
ブリザラは全員250ダメージ程度受ける大技。
ブリザラ+打撃が来ても即死しないよう、各キャラのHPは常に高めを維持しておきたい。
ブリザラ対策にナイトや狩人、赤魔道士などにはフレイムメイルを装備させること。これでだいぶ安定感が増加。

攻撃手段は、サンダラで600程度のダメージを与えられるほか、地形などでも大ダメージが与えられる。
ナイトはキングスソードとブラッドソードの二刀流で攻撃、HPが危険になったらまもる。 狩人はひかりのやを装備して攻撃。
学者はハイポーションで仲間を回復しつつ状況を見てゼウスのいかりやかみがみのいかりで攻撃。
黒魔道士はサンダラで攻撃、白魔道士は毎ターンケアルやケアルラで回復でもよい。

どうしても勝てない場合は水の洞窟内の敵が落とすかみがみのいかりを集めて学者3人がかりで投げつけて倒すとよいだろう。

ゴールドル

おすすめジョブ ナイト、シーフ、バイキング、白魔道士

HP9000。
HPが8000〜8200を切ると通常攻撃のほかに使ってくるコンフュ、サイレス、ブラインが厄介な敵。
ミスリルの盾を装備できるキャラは、装備すれば暗闇と混乱を防げるのでとても重宝する。
味方が混乱したら、すぐに攻撃力が低いキャラで叩いて正気に戻そう。
ブラインは目薬で、サイレスはやまびこそうで、それぞれ必要に応じて回復させよう。
敵の通常攻撃自体は多くても200ダメージ程度なので、コンフュさえ気をつければ楽勝。
なお、敵のHPが3000を切るとサンダラも使ってくる。

ゴールドルには魔法攻撃が効きにくいので、打撃か風水士の地形で攻撃しよう。
打撃系のキャラを多くそろえておくと良い。

ガルーダ

HP10000。打撃がほとんど、たまにいかずちを使う。
たまに使ってくる「いかずち」で全員500程度という大ダメージを受ける。
魔法防御の高い装備が整っていないと700ダメージに達することも。
そこで、いかづちがたくさん来る前に短期決戦で倒したい。
ここは運が絡むので事前に必ずセーブしておこう。
なお、普通の打撃は効きにくいのでお勧めしない。そのため転職が必要になるだろう。
ジョブ転職後は、規定回数の戦闘をこなしてステータスを元に戻すのを忘れないように。

作戦その1:
おすすめジョブ 竜騎士×4

あらかじめ全員に両手を槍にし、ドラゴンシリーズの防具を装備させ、前列に。
戦闘開始と同時に全員ジャンプ。5〜6回ジャンプを当てれば倒すことができる。
蘇生・回復をしている暇はないのでどんどん攻撃していく。

作戦その2:
おすすめジョブ 風水士×4

あらかじめ全員にだいちのころもを装備させ、後列に下げておく。
戦闘開始と同時に全員でちけいを使えば1000程度のダメージを与えられる。
シャドウフレアが発動すれば4000以上のダメージが出ることも。
こちらもやはり蘇生・回復をしている暇はない。

作戦その3:
おすすめジョブ 学者×4

あらかじめ全員にがくしゃ装備をつけ、後列に下げておく。
戦闘開始と同時に全員で攻撃アイテムを投げつけ、一気に倒す。
ほっきょくのかぜ、かみがみのいかり、ボムのみぎうでなどの高レベル魔法のアイテムが無いと厳しい。
無い場合はドラゴンの塔の敵を相手に戦い、ドロップに期待するとよい。
特にてんぐのあくびなら一撃で倒すことも可能。

スポンサーリンク